PR:

巨人・菅野 7回に悪夢4失点 完封ペース一転「粘りきれなかった」

セ・リーグ   巨人5―5中日 ( 2018年9月1日    ナゴヤD )

<中・巨>7回2死一、三塁、福田に適時打を打たれた菅野(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人は今季最長4時間49分の延長戦の末に引き分けた。高橋監督が「今日はそれが全て。4点以内で勝ち切らないといけない」と振り返ったのが、7回の菅野だ。

 6回まで3試合連続の完封ペース。一転したのが4―0の7回だった。先頭・平田を四球で歩かせ、3連打で2点を許した。2死を奪ったが、福田の2点二塁打で同点。7回4失点の菅野は「粘りきれなかった。いろんな人に無駄な仕事をさせて申し訳ないです」と言った。

 10回は沢村が申告敬遠を含む2四球で2死満塁とすると、指揮官は交代を決断。回の途中で宮国に代えた。斎藤投手総合コーチは「本当はあんなところで出すのはかわいそうだけど、もう監督が行こうと言ったので」と説明。今季は延長戦で4敗3分け。12回2死満塁もしのぎ、なんとか引き分けに持ち込んだ。 (神田 佑)

 ▼巨人・宮国(10回2死満塁で登板し、堂上を左飛に抑える)相当緊張した。僕にとってプラスしかない場面だと思って、開き直って投げた。

 ▼巨人・岡本(3回に中堅へ27号ソロ)変化球をケアしながら、前で捉えることができた。 試合結果

[ 2018年9月2日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月14日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム