広島・会沢 4回に追撃12号ソロ 65年ぶりに球団捕手最多本塁打記録並ぶ

[ 2018年8月24日 19:45 ]

セ・リーグ   広島―中日 ( 2018年8月24日    マツダ )

<広・中>4回無死、会沢は左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島の会沢翼捕手(30)が24日の中日戦(マツダ)で今季12号となるソロ本塁打を放ち、1953年の門前真佐人が持つ球団捕手最多本塁打に65年ぶりに並んだ。

 会沢は1―4で迎えた4回に先頭打者として打席に入り、中日先発投手の左腕・笠原が投じた2ボール1ストライクからの内角直球を左翼スタンド上段へ運んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年8月24日のニュース