中日・平田がサイクル安打達成!シーズン4人目は史上3度目

[ 2018年8月16日 20:30 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2018年8月16日    ナゴヤD )

<中・De>7回裏、サイクルヒットを達成し花束を手に声援に応える平田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 中日の平田良介外野手(30)が16日、ナゴヤドームで行われたDeNA戦で自身初、プロ野球史上68人目(73度目)となるサイクル安打を達成した。

 今季はすでに4月21日の日本ハム戦で柳田悠岐(ソフトバンク)、7月9日の巨人戦で山田哲人(ヤクルト)、7月20日の阪神戦で桑原将志(DeNA)が達成しており、1シーズンに4人のサイクル安打達成は1952年(5人)と2003年(4人)に続いて史上3度目の快挙となった。

 「1番・右翼」で先発した平田は初回に左翼スタンドへ6年ぶりの先頭打者本塁打となる先制の6号ソロを放つと、2回の2死満塁では左翼線に2点適時二塁打し、4回には先頭打者として今度は左中間へ二塁打。5回には右翼線に三塁打を放って大記録にリーチをかけた。

 そして迎えた7回、1死走者なしで入った第5打席でDeNA3番手・平田の高め直球を左前へ運び、あっさりと偉業達成。5安打もプロ初となった。

 サイクル安打は中日では16年7月20日の広島戦で大島が達成して以来、2年ぶり。ナゴヤドームでは03年6月8日の広島戦で福留が達成して以来、15年ぶりとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月16日のニュース