PR:

広島、球団初の3年連続M点灯!丸3打点 誠也22号2ラン

セ・リーグ   広島6―4阪神 ( 2018年8月15日    京セラD )

3回1死二塁、鈴木が左越えに22号2ランを放つ(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 15日の阪神戦に6―4で快勝し、7度目の挑戦で優勝マジック32が初点灯。いまや広島の看板を背負う3、4番が立役者になった。口火を切ったのは丸だ。3回1死一塁。カウント3―1の外角高め直球を捉え、右中間を深々と割った。先制二塁打だ。4回には押し出し四球を選び、6回1死一、二塁でも左越え二塁打。価値ある3打点だった。

 「コツコツと点を取ることができてよかった。夏場は皆しんどいので、1点でも多く取れるように自分の仕事を全うしたい」

 鈴木も続いた。3回1死二塁でカウント3―1から外角スライダーを左翼へ運んだ。以降3打席に凡退したからか、22号2ランを「遠い昔のよう」と笑った。その上で前を打つ丸に感謝した。

 「直球の強い投手なので直球に合わせた。丸さんが苦しい場面で還してくれるので、楽な気持ちで打席に入ることができています」

 昨季の球団最速8月8日から7日遅れても、3年連続のマジック点灯は球団史上初。昨季3度のマジック消滅を経験した緒方監督は「関係ない。去年の反省を踏まえ、カープの戦いを143試合やるだけ」と言い切った。

 もちろん、選手にも慢心はない。丸が「一気に5個も10個も数字が減るわけじゃない。やること変わらない」と言えば、鈴木も「まだまだ試合があるので気にせずにやっていきたい」と力を込めた。丸は4月下旬に右太腿裏故障で約1カ月、鈴木も4月上旬に下半身の張りで約半月の離脱を乗り越え、首位独走の原動力になった。残り42試合。一丸でゴールへ向かうだけだ。

[ 2018年8月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム