PR:

花咲徳栄、連覇逃すも驚異の追い上げ見せた!指揮官「点差離れていても粘ってくれた」

第100回全国高校野球選手権記念大会第10日・2回戦   花咲徳栄6―8横浜 ( 2018年8月14日    甲子園 )

<花咲徳栄・横浜>9回1死満塁、執念のヘッドスライディングで3点差に迫る適時内野安打を放つ花咲徳栄・野村。一塁手は内海(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 花咲徳栄(北埼玉)は横浜(南神奈川)に6―8で敗れ、史上7校目となる夏連覇の夢は2回戦で消えた。

 エース兼4番スラッガーの野村が先発。初回に先制点の援護を受けたが、3回に同点を許すと4回には横浜打線に打者一巡の猛打を浴び6点を失った。

 6回に2番手・中田が1点を失い7点を追う展開になったが、6回裏の攻撃で野村が2戦連発となる2ラン、7回に橋本のソロで反撃。4点差を追う9回には1死満塁で野村に繋ぎ最大のチャンスが訪れる。甲子園の大歓声の中で打席に入った野村は、打ち取られた当たりに見えたが執念のヘッドスライディングで適時内野安打にして3点差。倉持の押し出し死球で2点差と執念の粘りを見せたが、最後は井上が三振に倒れた。

 試合後、岩井監督は「最終回は“とにかく4番に回そう。アウトになるな”と選手を送り出した。点差が離れていてもウチらしく一球一球粘ってくれた。最後の打者、井上にも攻撃のタイムで“迷うな。フルスイングでいけ”と指示した」と振り返った。

 「4回に大きく点をとられたが、点数を取っているイニングはウチのほうが多かった。あの1イニングが甲子園の怖さだと思います」と語った。 試合速報

[ 2018年8月14日 18:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム