大阪桐蔭・柿木 今大会最速151キロ「甲子園がどよめくのを感じて…」

[ 2018年8月14日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第9日・2回戦   大阪桐蔭10―4沖学園 ( 2018年8月13日    甲子園 )

<大阪桐蔭・沖学園>9回を締めた大阪桐蔭・柿木(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭(北大阪)のエース・柿木が今大会最速の151キロを叩き出した。9回に登板。初球に自己最速を1キロ更新する149キロを計測し、続く2球目でさらに2キロ伸ばした。

 「掲示板を見ました。初めて自分の球で甲子園がどよめくのを感じて気持ちよかったです」。1安打1死球で、走者を背負っても奪ったアウトは全て空振り三振。今秋ドラフト候補の背番号1も乗ってきた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月14日のニュース