広島 菊池が先制打「何とか必死に食らいついていった」

[ 2018年8月8日 19:21 ]

セ・リーグ   広島―中日 ( 2018年8月8日    マツダ )

3回2死一、二塁、右前適時打を放つ菊池(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島・菊池涼介内野手(28)は3回2死一、二塁で中日先発・小熊から右前適時打を放ち、先制に成功した。

 「打ったのはストレート。何とか必死に食らいついていった」

 打率・247と本領発揮とはいかないものの、8月は同・375と徐々に上昇気配を見せ始めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース