骨折の右脚万全じゃないけど…糸井3戦連続打点 チームも3連勝

[ 2018年8月8日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神7―4巨人 ( 2018年8月7日    東京D )

<巨・神>5回1死二塁、糸井は中越え適時二塁打を放ち激走(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 7日の巨人戦(東京ドーム)で、阪神4番・糸井は前後を打つ福留、ロサリオに負けじと2安打2打点と存在感を示した。

 「福留さんが勢いを付けてくれている。そういう、いい打者が前にいるから(自分も頑張らないと)ね」

 文字通り、全打席出塁の福留に続いた。まずは初回1死一、二塁で右前打を放ち、ロサリオの満塁弾を、お膳立て。そして本領発揮は5回だ。北條、福留の2者連続二塁打で1点を奪い、なおも1死二塁。もう少しで本塁打という中堅フェンス直撃の適時二塁打を放ち、相手先発・内海をマウンドから引きずり下ろした。さらに7回無死一、三塁では二ゴロを放ち、併殺崩れの間にダメ押しの7点目も生み出した。好機でキッチリ役割を果たした。

 右腓骨(ひこつ)の亀裂骨折で7月3日に戦線離脱。驚異的な回復力で同21日から1軍復帰したものの、まだ状態は万全ではない。それでもチームのためとあれば、骨身を惜しまない。金本監督も「あれ(7回の1点)も大きかった。(糸井は)きょうも2本打ってくれて、それが点につながったし。ちょっと守り優先で最後は(故障箇所に)疲れというか、それもあるみたいで、ちょっと代えたけど」と働きを称えた。

 これで3試合連続打点。そしてチームも3連勝。金本阪神の逆襲に、糸井は欠かせない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース