広島ジョンソン 止まらん!自己最長7連勝 ビデオ見て「気づきあった」

[ 2018年8月8日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6―2中日 ( 2018年8月7日    マツダ )

<広・中>7回2失点の好投で9勝目を挙げたジョンソン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 頼れる助っ人左腕は止まりそうにもない。広島先発のジョンソンは7日の中日戦(マツダスタジアム)で7回2失点で自己最長となる7連勝。今季9勝目をあげた。制球、球威、リズム。どれを取っても文句のつけようがなく、最速は151キロを計測し与四球も1。許した5安打は全て単打で、危なげない投球だった。

 「今日は非常によかった。攻撃、守備陣のサポートもあっての勝利だと思う」

 5回先頭の平田に四球、アルモンテの中前打で無死一、三塁。福田の二ゴロの間に1点を失ったが、後続を断ち、課題とされる気持ちの切り替えも問題なかった。

 あくなき探究心が、好調を支える要因の一つだ。5月上旬には防御率が4点台に悪化したが「自分の試合のビデオを見ているときに気づきがあった」と修正を重ねた。つかんだのはタイミング。球威、制球とも、投げるたびにイメージする理想に近づいている。

 来日4年目で、この日開催された「ピースナイター」の意味合いも十分に理解している。「特別なゲームで勝つことができてよかった。この日の勝利で喜んでくれる人が多くいることも分かっている。大きな勝ち星になったと思う」と充実感をにじませた。

 安定した投球が続き、緒方監督も「ブルペンでは良くなかったと聞いていたけど、しっかりと投げてくれた」と、修正力を評価した。6月26日巨人戦から担う週頭の登板。勝利をもたらすことで、チームの勢いを持続させる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年8月8日のニュース