西武・浅村 リーグ単独トップ82打点 大阪桐蔭OBトリオ5打点

[ 2018年8月8日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―0オリックス ( 2018年8月7日    京セラD )

<オ・西>3回1死一、三塁、右前適時打を放つ浅村(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 先輩に続いた。西武・浅村が3回1死一、三塁から3点目となる右前適時打。今季82打点とし並んでいた山川、日本ハム・中田を上回り打点リーグ単独トップになった。

 これがプロ通算600打点目となったが自身よりも中村の節目を「簡単なことじゃない。中村さんが後ろにいてくれて安心感が常にある」と祝福。7回には森が12号2ランと大阪桐蔭OBで計5打点を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース