おかわり 不調、ケガでも折れない「柱」 出場続け量産態勢に

[ 2018年8月8日 09:19 ]

パ・リーグ   西武6―0オリックス ( 2018年8月7日    京セラD )

<オ・西>2回、プロ通算1000打点を達成し笑顔を見せる中村(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】西武・中村が通算1000打点に到達。記念の一発を右手でグッと押し込んだ。4月21日のロッテ戦。ダイビングキャッチを試み左肩を強打。メットライフドームの長い階段で中村は「心が折れそう…、いや折れてます」とこぼした。

 翌22日に出場選手登録が抹消。その時点で打率・145、本塁打ゼロ。そこにケガが追い打ちをかけた。実は7月中に右手首を痛めていたが、痛みを押して出場を続けて今や量産態勢に入った。チームを支え続ける柱は、そう簡単に折れるはずがない。(西武担当・春川 英樹)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース