大垣日大の堀本が起死回生のグランドスラム アーチ攻勢で東海大星翔に逆転勝ち

[ 2018年8月8日 15:00 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第4日1回戦   大垣日大9―3東海大星翔 ( 2018年8月8日    甲子園 )

<大垣日大・東海大星翔>4回無死、右越えへ逆転満塁本塁打を放つ大垣日大・堀本(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権大会第4日は8日、甲子園球場で1回戦の4試合が行われ、第3試合では2年連続5回目の出場となった大垣日大(岐阜)が、3本の本塁打を放って東海大星翔(熊本)に9―3で快勝。昨年の1回戦では天理(奈良)に0―6で敗れたが、今年は打ち勝って1回戦を突破した。

 大垣日大は0―2で迎えた2回、5番・小野寺(2年)が東海大星翔の左腕・山下(3年)が投じた外角高めのストレートを右越えに運ぶ大会第10号のソロ本塁打。4回には4番でエースの修行(3年)が放った二塁手後方への飛球が二塁打となり、続く小野寺は中前打。6番・中山(2年)が死球で出塁して無死満塁となったあと、7番・堀本(3年)が初球を強振し、これが右越えの満塁本塁打となって試合をひっくり返した。

 6回には先頭の中山が左越えに二塁打を放つと、春夏通算32回目の甲子園となった74歳の阪口監督は、満塁本塁打をマークしている堀本に送りバントを命じ、これが成功。1死3塁から8番・日高の遊ゴロの間に、三走の中山が生還して6点目を挙げた。

 7回にはその小野寺がこの日2本目となる3ランを右中間に放って9―3。点差を6点に広げてリズムをつかんだ。

 投げては修行と内藤(2年)の継投で相手をかわして初戦を突破。打線は本塁打3本を含む11安打を放つなど好調だった。

 大垣日大は2014年の初戦でも1回表に藤代(茨城)に大量8点を許しながらその裏に4点を返して反撃。結局12―10で勝利を収めており、4年ぶりとなった勝利も1―3からの逆転となった。

 東海大星翔は初回、2本のヒットで1死2、3塁としたあと、4番・竹下(2年)の二ゴロと5番・岩井(2年)の右前タイムリーで2点を先取。3回には2つの四球と暴投で再び1死2、3塁とすると、岩井の一ゴロの間に三走・中嶋(3年)が生還して3―1とした。

 しかしエースの左腕・山下が3発を浴びて苦杯。東海大二として初出場した1983年の初戦では東海大一(静岡=現・東海大翔洋)に1―13で敗れており、2度目の夏で初勝利を目指したが、健闘及ばず姿を消した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース