オリ宮内オーナー嘆き節「何とかして」…西武・多和田に5戦5敗

[ 2018年8月8日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス0―6西武 ( 2018年8月7日    京セラD )

<オ・西>4回無死、空振り三振に倒れる吉田正(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスは天敵の前に沈み、今季9度目の零敗。7日の西武戦(京セラドーム)で多和田に8回途中無失点と封じられ、対戦成績5戦5敗。福良監督は「5回目ですか。(好投手と言っても)他のチームは打っているわけだから。完封負けって…。これだけ応援してもらったんだから、燃えないと」と苦言を呈した。

 ひねられた。右腕の外角スライダーと内角直球のコンビネーションに翻弄(ほんろう)され、9三振で三塁未踏。「Bs夏の陣2018」と題した恒例イベントの初戦で、ナインが着用したダイヤモンド柄の特別ユニホームは、最後まで光を放つことはなかった。

 連勝は2で止まり、借金7と後退。後半戦初観戦した宮内義彦オーナー(82)は、「何とかしてくれよ」と嘆き節だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース