ソフトB石川 “モノノフパワー”で自己新9勝「残り香ですかね」

[ 2018年8月8日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―2ロッテ ( 2018年8月7日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>5回から登板し3回を完全投球の石川 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 “モノノフパワー”で自己新の9勝目だ。ソフトバンク・石川が5回から2番手で登板し、3回を9人斬りの完全投球。「無心で真ん中に投げた。全力で先頭を抑えにいくことを考えた」。ZOZOマリンで5日に“ももクロ”のライブが開催され「残り香ですかね」とおどけた。

 2回持たずに7失点した8月2日西武戦後から中継ぎ待機を命じられた。配置転換2試合目で結果出した。「後を考えないで投げる」。目の前の打者に集中する意識で本来の球威を発揮。倉野投手統括コーチは「良い働きをしてくれた。短いイニングではいける確信があった」と評した。

 この日は台風接近で天候悪化し、試合開始直後に26分間中断。イニング間にグラウンド整備作業があり、試合は長引いた。それでも石川がテンポ良い投球で打線に奮起を促して7回に勝ち越し。「チームが勝って、とりあえずホッとしている。自分の仕事ができたかな。(9勝目は)結果としてついてきたもの」とはにかんだ。

 ぶざまな姿は見せられなかった。この日は自身が在籍していた少年野球チームの子どもたちを招待。40枚を超えるチケットはもちろん自腹だ。「良いピッチングが見せられて良かった」。チームの連敗は2でストップ。敗れれば自力V消滅の可能性もあった瀬戸際で踏みとどまった。

 ▼ソフトバンク・工藤監督 苦しいゲームを勝てて、自信を取り戻せると思う。(東浜、スアレスが合流し)チームも盛り上がって乗っていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース