ロッテ唐川 4年ぶり中継ぎ登板も…打線元気なく4位後退

[ 2018年8月8日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―3ソフトバンク ( 2018年8月7日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>6回から登板した唐川 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 唐川を14年9月7日の楽天戦以来、4年ぶりに中継ぎ登板させたロッテ・井口監督の勝利への執念も実らなかった。

 「投手は頑張ってくれた。唐川は今後も流れを変える場面で投げさせたい」。ただ得点は井上、角中の連続ソロ2発による得点だけ。「打線はきっかけが欲しい」。当面のライバル・ソフトバンクに敗れ、借金2の4位に後退しただけに、指揮官は打線の奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース