ライアン小川 悔し「あの一球だけ」…“ストップ・ザ・ソト”が課題

[ 2018年8月8日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―4DeNA ( 2018年8月7日    神宮 )

<ヤ・D>4回無死二塁、ソト(左)に左越え2ランを浴びた先発・小川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは3連敗で借金は5に膨らんだ。先発の小川が5回7安打2失点。雨が降り始めた4回無死二塁からソトに左越え2ランを浴び「狙ったところより高くなってしまった。あの一球だけでした」と悔しさを押し殺した。

 ソトにはチーム別で断トツの打率・429と打ち込まれているだけに、小川監督も「ソトに打たれすぎているので何とかしないといけない」と「ストップ・ザ・ソト」を厳命した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース