大谷 8日にも待望ブルペン投球「ステップ踏んで頑張りたい」

[ 2018年8月8日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―2タイガース ( 2018年8月6日    アナハイム )

昨季まで日本ハムのコーチを務めた白井一幸氏から激励訪問を受けた大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が早ければ7日(日本時間8日)にも捕手を立たせてブルペン入りする可能性が高まった。6日(同7日)のタイガース戦前に右肘故障後初となるブルペンでのシャドーピッチングを行い「一個一個進んでいる。しっかりとステップを踏んで復帰に向けて頑張りたい」と語った。

 マイク・ソーシア監督は「良い状態。マウンドからの投球も間近だと話している」と説明。「5番・DH」で臨んだ試合は左腕ボイドに対し無安打も、2四球1盗塁で存在感を示した。(柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース