大谷 4勝と4盗塁を同一シーズンで記録 46年ぶり3回目

[ 2018年8月8日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―2タイガース ( 2018年8月6日    アナハイム )

タイガース戦の2回1死、空振り三振に倒れたエンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷が4個目の盗塁を決めた。球団によると、1950年以降に4勝と4盗塁を同一シーズンで記録したのは、1969年のボブ・ギブソン、72年のブルームーン・オドムに続いて3人目。

 ギブソンは豪快な投球フォームで通算251勝を挙げ、米国野球殿堂入りを果たした。オドムは通算84勝でオールスター戦に2度選出され、代走での起用も多かった。「ブルームーン」の愛称は本人によると少年時代に級友から付けられたという。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース