6年ぶり商業対決は高岡商に軍配 “下位の4番”8番田嶋2点二塁打

[ 2018年8月8日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権第3日・1回戦   高岡商4―1佐賀商 ( 2018年8月7日    甲子園 )

<高岡商・佐賀商>7回1死満塁、右中間へ2点二塁打を放つ高岡商・田嶋(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 高岡商(富山)は自慢の下位打線が奮起した。夏の甲子園では12年3回戦の倉敷商―秋田商以来となる「商業対決」を制し10年ぶりの白星を挙げた。吉田真監督は「どこからでも点が取れるのが強み。うちらしい戦い方で勝ててよかった」と笑顔を見せた。

 地方大会の全5試合で出場校トップの1試合平均12・4得点をマークした意地を見せた。5回だ。「カウントが有利だったので思い切っていった。(3回に)エラーをしていたので取り返せたかな」。2年生の7番・井林が先制ソロで均衡を破ると、同点の7回には井林の内野ゴロで勝ち越し。さらに8番・田嶋が2点二塁打を放った。田嶋は「ダブルクリーンアップで、自分が下位の4番だと監督に言われている。絶対打ってやろうと思った」と頼もしかった。

 ▼高岡商・山田(先発で7回1失点。6回に両足をつり、7回の打席で代打を送られる)9回まで投げ切りたかったけど、とりあえずチームが1勝できてよかった。

 ≪初戦では10年ぶり≫高岡商が佐賀商に勝利し初戦を突破した。両チーム初戦での商業高校対決は08年倉敷商2―0佐賀商以来10年ぶりだ。今大会の商業高校出場は4校(昨年は高岡商1校のみ)、1県1代表制になった78年以降の最多は88年の14校となっている。なお、優勝は96年松山商以来出ていない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月8日のニュース