0―6から…恐るべし広島打線 4発同点!バティだ田中だ丸だ誠也だ

[ 2018年7月22日 20:11 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2018年7月22日    マツダ )

<広・巨>5回1死、同点ソロを放ち、ナインに向かっておどけたポーズを見せる鈴木(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島は4本塁打の一発攻勢で5回までに6点のビハインドを追いついた。

 0―6とされた4回2死からチーム初安打となるバティスタの14号ソロで反撃開始。続く5回には田中の5号2ランと丸の19号2ランで今村をKO。なおも代わった野上から鈴木が13号ソロで続き、6―6の同点とした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月22日のニュース