三菱日立パワーシステムズ 龍2発で初戦突破「ウエートトレの成果です」

[ 2018年7月15日 18:17 ]

第89回都市対抗野球大会第3日 1回戦   三菱日立パワーシステムズ4―1Honda鈴鹿 ( 2018年7月15日    東京ドーム )

<ホンダ鈴鹿・三菱日立パワーシステムズ>6回1死、三菱日立PS・龍が右翼へソロアーチを放ち笑顔でガッツポーズ  (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 4番の圧倒的なパワーでねじ伏せた。龍(りゅう)が初回に先制の2ランを右翼席に運べば、3―1の6回には再び右翼席へソロ。2本塁打3打点の活躍で初戦突破の立役者になった。「必死でウエートトレーニングをやってきた成果です」と分厚い胸を張った。

 九州国際大付時代は2年時に甲子園春夏連続出場を経験し、白鴎大では阪神・秋山とクリーンアップを組んでいたスラッガー。昨年の都市対抗準々決勝、JR西日本戦でも2本塁打を放っている。2回戦は昨年王者のNTT東日本(19日)。「僕らはチャレンジャー精神で、全員で束になって倒す」と宣言していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月15日のニュース