V候補が…Honda まさかの初戦敗退 打線沈黙

[ 2018年7月15日 05:30 ]

スポニチ後援第89回都市対抗野球第2日・ 1回戦   Honda1―3JR四国 ( 2018年7月14日    東京ドーム )

<JR四国・Honda>力投するHonda・斎藤(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 Hondaは打線が沈黙し、優勝候補が初戦で姿を消した。「大会前の練習試合で打てなかったが、まさかここまで抑えられるとは」と岡野勝俊監督はショックの色がありあり。

 春のスポニチ大会を制し、他の大会も好成績を収めた。「ピークのもっていき方が悪かったのか。手応えをつかんで臨んだのに…」と悔しがった。ドラフト上位候補の斎藤は先発で5回1失点。「先に相手に点を与えたのが反省」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月15日のニュース