大阪桐蔭・柿木 取り戻した背番号1のプライド

[ 2018年7月2日 06:40 ]

練習試合   大阪桐蔭5―3東海大相模 ( 2018年7月1日    シティ信金スタ )

完投した大阪桐蔭のエース柿木 
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の地方大会は7月1日、東愛知大会でも試合が始まり、4大会で計43試合があった。史上初2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭は練習試合で東海大相模と対戦。今秋ドラフト候補のエース柿木蓮投手(3年)が1試合目に先発し、13奪三振の3失点で完投した。

 夏の予選を前に近年恒例となっている東海大相模との練習試合で大阪桐蔭のエースが燃えた。柿木は5回に3者連続で空振り三振を奪うなど、力のある直球で押しに押しまくった。8安打を浴びながら、13奪三振。要所をビシッと締めた3失点完投に胸を張った。

 「打者に向かっていくことがテーマ。そこが自分の良さです」

 低めへの制球を意識するあまり「置きにいく」ことが多かった反省を踏まえ、力の限り腕を振った。優勝した今春の選抜では背番号1をつけながら決勝のマウンドは根尾に譲った。「選抜では背番号をつけていただけ。強い相手の時は根尾だし、悔しかった」――。春の府大会は登録から外れ、近畿大会は背番号10。6月26日にあった夏のメンバー発表で1番を奪い返した。

 西谷浩一監督は「根尾の選択肢もあったけど、トータルで見たら背番号1は柿木」と信頼を寄せる。その指揮官が「1年の中で一番大事」と位置づける今回の練習試合。敵将の門馬敬治監督以下、東海大相模の選手たちは甲子園出場時に宿泊する施設からこの日に臨んだ。「責任感を持って、自分が先頭に立ってやっていく」と柿木。大事な一戦で、エースに芽生えた強い自覚こそ最大の収穫だった。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月2日のニュース