広島5連勝!誠也先制打&特大弾 巨人またも初回4失点で3連敗

[ 2018年6月27日 21:38 ]

セ・リーグ   広島8―6巨人 ( 2018年6月27日    マツダ )

<広・巨>3回2死、鈴木は左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島は初回に4番・鈴木の先制適時打などで4点を先制。一時は巨人に1点差に迫られたが、鈴木の13号ソロなどで突き放して5連勝を飾った。

 初回に巨人先発の田口から無死満塁の好機をつくると、鈴木が中前に2点適時打。新井も右前適時打で続き3点目を奪うと、野間の内野ゴロの間にも1点を追加し、いきなり4点を先制した。

 先発の九里が3回にマギーの3ランを浴びて1点差に迫られたが、直後の攻撃で鈴木が左翼席後方のネットに直撃する特大のソロ本塁打。主砲の一振りで点差を広げると、5回には丸の適時二塁打などで2点を奪い、追いすがる巨人を突き放した。

 九里は2本の本塁打で4点を失ったが、6回を投げ切って3勝目。連続2桁得点記録は3試合で止まったが、この日も打ち勝って連勝を5に伸ばした。

 巨人は先発の田口が立ち上がりに崩れ、前日に引き続いて初回に4失点。3回にマギーの7号3ランで1点差に迫るなど反撃を見せたが及ばなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年6月27日のニュース