ソフトB中村晃 7回やっとチーム初安打 上沢に脱帽

[ 2018年6月27日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク0―5日本ハム ( 2018年6月26日    那覇セルラー )

<日・ソ>7回無死、二塁内野安打を放つ中村晃(投手・上沢)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・中村晃が、6回まで一人の走者も許さなかった上沢からチーム初安打を放った。7回先頭で、カウント3―1から低め変化球を引っ張った。一、二塁間への打球は回り込んだ二塁手・田中賢のグラブに収まったものの、一塁送球は大きくそれ“H”ランプがともった。

 「コントロールが良かった」と上沢には脱帽。初回の守りでは無死一、二塁から近藤の左前打を処理、本塁を狙った二走・西川を好返球で刺した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月27日のニュース