清宮 交流戦明けの昇格見送りへ 栗山監督、育成を優先

[ 2018年6月19日 14:25 ]

 日本ハムの栗山英樹監督は19日、2軍で好調なドラフト1位ルーキー清宮幸太郎内野手について、同一リーグ内の対戦が再開する22日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)での1軍昇格を見送る方針を明らかにした。「まだやるべきことはいっぱいある」と育成を優先する考えを示した。

 清宮は交流戦前の5月28日に2軍に降格して再調整し、本塁打を量産しているが、1軍では中田翔内野手ら主力が活躍しており出場機会が限られる。栗山監督は「試合に出続けて体を強くしないと」と説明した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月19日のニュース