松坂、登板回避!球場内は騒然 試合直前にアクシデントか

[ 2018年6月17日 12:57 ]

交流戦   西武―中日 ( 2018年6月17日    メットライフD )

<西・中3>試合前、キャッチボールする松坂(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(37)が17日の古巣・西武との交流戦(メットライフドーム)の先発登板を緊急回避した。先発予定だったが、試合開始直前に先発投手の変更がアナウンスされ、中日の先発は藤嶋健人投手(19)となった。

 試合開始約10分前。球場のアナウンスで「中日ドラゴンズ、先発投手の変更をお知らせいたします。松坂に代わりまして藤嶋」と告げられると、球場内は騒然。かつてのエースの登板を楽しみに訪れた西武ファンからも落胆の声が上がった。

 松坂は12年ぶりの西武時代の本拠地での先発に向け、試合前練習では他の選手とともにウォーミングアップに参加。その後、一旦ベンチ裏に引き上げたが、試合開始45分前に再びグラウンドに姿を見せ、キャッチボールなどで体を動かしていた。ベテラン右腕に登板直前になって何らかのアクシデントが起きたとみられる。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月17日のニュース