ソフトB・内川 1軍昇格即大暴れ、2ラン含むマルチ安打

[ 2018年6月16日 17:14 ]

交流戦   ソフトバンク6―2広島 ( 2018年6月16日    ヤフオクD )

<ソ・広>7回2死一塁、2ランを放った内川はガッツポーズ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・内川聖一内野手(33)は16日の広島戦との交流戦で1軍に復帰し、「3番・一塁」でスタメン出場。試合を決定づける2ランを放つなど、2安打2打点の活躍を見せた。

 初回の第1打席に中前打すると、1点を勝ち越した直後の7回2死一塁からは、広島の2番手・今村の初球の真ん中高めの直球をジャストミート。左翼ホームランテラス席へ飛び込む4号2ランを放った。

 復帰戦で即マルチ安打の活躍をした内川は「(本塁打の球は)真っすぐ。いい感じで同点、勝ち越してくれたおかげ」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月16日のニュース