PR:

慶大7年ぶり決勝ならず…中盤逸機を悔やむ「投手陣に申し訳ない」

第67回全日本大学選手権大会第5日 準決勝   東北福祉大7―3慶大 ( 2018年6月16日    神宮 )

<東北福祉大・慶大>慶大の先発・高橋亮 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 慶大(東京六大学)は東北福祉大(仙台六大学)に逆転で敗れ、7年ぶりの決勝進出は果たせなかった。

 1点を追う3回、連続四球で無死一、二塁とすると、2番・渡部のバントを先発・山野が三塁へ悪送球。左翼後方へ転々とする間に打者走者の渡部まで生還して逆転に成功した。しかしその後は3イニング連続で得点圏に走者を出す好機を作るも、あと一本がでなかった。先発の高橋亮が6回に相手打線につかまるなど、一挙5点を許した。救援左腕・高橋佑が前日の練習中に負傷し、ピンチで投入できなかったのも痛かった。大久保秀昭監督は「めちゃくちゃ悔しい。でもこのチームで全国2勝。よくここまで頑張ったと思う」と大会中も授業に出席しながら練習を続けたナインを称えた。

 1番で打率6割超をマークした河合主将は中盤で再三の好機がありながら無得点に終わったことを悔やみ「チャンスで点を取りきれなかったのが敗因。投手陣に申し訳ない。六大学の代表として勝ちきれず申し訳ない」と肩を落としたが、「日本一を目指せるチーム。秋に向けて準備していきたい」と前を見据えた。

[ 2018年6月16日 18:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月24日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム