PR:

四国学院大 初戦敗退も5番・松浦がソロで一矢「大舞台で固くなっていた」

第67回全日本大学野球選手権大会第1日 1回戦   四国学院大1―13徳山大 ( 2018年6月11日    東京ドーム )

<四国学院大・徳山大>2回1死、本塁打の四国学院大・松浦(右)はナインの祝福を受ける (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 四国学院大はコールド負けで2年連続の初戦突破は果たせなかった。

 初回にエース・土田侑希投手(4年、丸亀城西)が6失点。中尾明生監督は「頼りの土田が打ち込まれた。(徳山大とは)しぶとさが違った。私の責任」と選手をかばった。

 それでも2回に5番・松浦優一郎外野手(4年、坂出商)が右越えソロで一矢報いた。「(ソロは放ったが)チームのためにならなかった。大舞台でみんな固くなっていた」と悔しがった。松浦を含む4年生のほとんどがこの試合で引退。これからは就職活動に専念する。「新人が育てばまた(全日本に)帰ってこれる。後輩達には頑張って欲しい」と思いを託した。

[ 2018年6月11日 18:18 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月24日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム