DeNA神里、球団史上2人目新人4安打 94年の波留以来

[ 2018年6月10日 06:15 ]

交流戦   DeNA4―3日本ハム ( 2018年6月9日    横浜 )

7回無死一塁、左適時二塁打を放ちガッツポーズの神里(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 神里(D)がプロ初の1試合4安打をマークした。ルーキーの1試合4安打以上は昨年、京田(中)、石井一(日)が記録しているが、今季は初めて。

 ドラフト制以降でDeNAの新人が1試合4安打以上するのは94年9月27日阪神戦の波留敏夫(4安打)以来24年ぶり2人目となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月10日のニュース