前夜はサヨナラ演出 広島・誠也が先制打「コンパクトにいきました」

[ 2018年5月31日 18:55 ]

交流戦   広島―西武 ( 2018年5月31日    マツダ )

<広・西>初回1死一、二塁、鈴木は先制の中前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島・鈴木誠也外野手(25)は、0―0の初回1死一、二塁で西武先発・ウルフから中前へ先制適時打を放った。

 「打ったのは直球かな。センター方向を意識してコンパクトにいきました」

 前日は5打数無安打ながら、7―7の延長10回1死満塁で押し出し四球を選んで勝負を決めた4番が、この日は自らのバットで早速結果を残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月31日のニュース