PR:

亜大、中飛わざと落球も完全捕球判定 生田監督「外野手に故意落球ない」

東都大学野球   亜大0―1東洋大 ( 2018年5月30日    神宮 )

6回無死一、二塁、亜大の安食(右)がアピールするも、竹原の故意落球と判定されたため、東洋大の二走・津田はセーフ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 亜大は6回無死一、二塁で中堅・赤嶺が竹原の飛球をわざと完全捕球せず落球。二塁に投げて併殺を狙ったが、完全捕球と判定されアウト1つにとどまった。

 生田勉監督の抗議は実らず、1死一、二塁から失点。併殺を狙う故意落球が認められないのはルールでは内野手だけで、指揮官は「ルールブックを勉強して練習してきたので残念。しっかり判断してほしかった」と肩を落とした。エース左腕・中村稔の3連投を予告し「良いゲームをしたい」と話した。

[ 2018年5月31日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月24日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム