楽天・今江 代打V三塁打「真っすぐはないと」

[ 2018年5月28日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天8―4ソフトバンク ( 2018年5月27日    ヤフオクD )

<ソ・楽>7回1死一、二塁、決勝三塁打を放ち滑り込む今江(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 楽天・今江が決勝三塁打を放った。同点の7回1死一、二塁から代打で登場すると129キロの外角低めのチェンジアップを左中間に運んだ。

 「真っすぐはないと思っていた」と変化球を狙い撃ち。左かかと痛のため先発は外れているが、痛みを押して激走し、ヘッドスライディングで三塁到達。「試合に出たら痛いと言っていられない」と強い気持ちで勝利をもたらした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月28日のニュース