PR:

明大 法大に連敗で全日程を終了 6敗はすべて1点差負け 指揮官「1球の重みが分かっていない」

東京六大学野球春季リーグ戦第7週最終   法大3―4明大 ( 2018年5月27日    神宮 )

 最後まで優勝の可能性を残していた明大が、1回戦(26日)にサヨナラ負けを喫し、可能性が消えるとこの日も法大に連敗。7勝6敗勝ち点3で全日程を終了した。

 サヨナラ負け3試合を含む6敗はすべて1点差負け。「1球の重みが分かっていない」と善波達也監督は、今ひとつ乗り切れなかったシーズンを振り返った。

 この日も1点リードの5回、3回から救援した入江大生(2年=作新学院)が簡単に2死を取り打者は投手の三浦銀二(1年=福大大濠)。打ち気のみえない打者にカウントを悪くして四球。その後長短打を浴びて逆転された。攻撃でも9回無死一塁で代打佐野悠太(4年=広陵)が初球ヒットエンドランをファウルするとバントに切り替わったがストライクを見逃し、強行させたら併殺打。攻め、守りでも“ここ一番”で弱さを見せた。

 最大のウイークポイントは捕手を固定できなかったこと。ルーキーの篠原翔太(報徳学園)を初スタメンで起用、試合を任せきった。「秋に固定させるために篠原を使ってみた。まだスローイングが子供みたいだけど、鍛えてみます」と善波監督は期待を寄せる。勝負のポイントで弱さを見せた明大。投手陣を含めたバッテリー強化で秋の巻き返しを誓っていた。

[ 2018年5月27日 16:50 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月16日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム