【ファーム情報】DeNA イースタンでも爆発!17点大勝 桜井1勝

[ 2018年5月20日 19:32 ]

 プロ野球のファームは20日、交流戦を含めてイースタン、ウエスタン両リーグで計6試合が行われた。

 DeNAはロッテ戦(ロッテ浦和)で打線が20安打を放って17―3で大勝。4点リードの5回に山下の3号ソロ、中川大の1号2ランなど10安打を集めて一気に9点を奪った。戸川が3打点、山下、中川大、青柳、後藤、細川が2打点を挙げた。先発・桜井は6回5安打3失点で公式戦初勝利(1敗)。ロッテは肘井が1号ソロ。先発・二木は4回6安打6失点(自責4)で2敗目(2勝)。

 イースタン首位の楽天はヤクルト戦(森林どり泉)に7―5で逆転勝ち。西巻が3回に2号ソロ。2番手・西宮が1回1/3を3安打1失点で1勝目(1敗)を挙げた。ヤクルトは1番・奥村が2号ソロなど2安打。大松も2安打2打点だった。先発・高橋は4回2/3を5安打4失点で3敗目(3勝)。

 日本ハムは西武戦(鎌ケ谷)に8―1。先発・上原が5回1安打1失点(自責0)で3勝目(1敗)。打線では渡辺が3号2ラン。大嶋も2安打3打点だった。西武は3番・中村が4打数ノーヒットで4三振。先発・国場は3回2安打3失点(自責2)で1敗目。

 阪神―巨人のファーム交流戦(淡路)は阪神が1―0。2回に中谷の二塁打で1点を奪い、5投手の継投でリードを守った。先発・馬場は5回3安打9奪三振無失点で2勝目(1敗)。巨人先発のドラフト1位・鍬原は7回3安打1失点で11奪三振の力投も2敗目(2勝)。

 ソフトバンクは広島戦(由宇)に3―2。9回に谷川原が1号ソロを放つなど2安打2打点。先発・大竹は7回5安打無失点で3勝目(1セーブ)を挙げた。広島先発・福井は6回5安打2失点で勝ち星なしの5敗目。

 オリックスは中日戦(舞洲BS)に5―4。先発・山崎颯は5回6安打3失点。2番手で1回1安打1失点の佐藤達が1勝目(1敗)。1番・根本が2号ソロ。中日は先発・笠原が6回9安打5失点(自責3)で2敗目。石岡が2号2ランを放った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月20日のニュース