PR:

中日ビシエド 格好いいパパ打 愛息が名古屋市内の少年野球に入団

セ・リーグ   中日3―2阪神 ( 2018年5月19日    ナゴヤD )

<神・中>6回1死二、三塁、ビシエドは中越え2点二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 痛烈な打球が相手右腕を打ち砕いた。中日は19日の阪神戦で0―1の6回1死二、三塁からビシエドが左中間フェンスを直撃する逆転の2点二塁打。小野の初球、144キロ直球をフルスイングし「積極的に行って、良い当たりになった。上手く仕留められた」と白い歯を見せた。

 前夜は得点圏に走者を置く場面で2度凡退し、チームは接戦を落とした。この日も小野の前に5回までわずか2安打。それでも6回、京田、大島と打順が入れ替わった1、2番コンビの連打でつくった好機で「昨日の教訓を生かした」と悔しさをぶつけ、試合をひっくり返した。

 息子のビシエドジュニアくん(8)が5月から名古屋市内の少年野球チームに入団。右投げ右打ちの自身とは違い、右投げ左打ちながら「同じ道を進もうとしてくれて嬉しい。素質はあると思うよ」と日々、上達する愛息の成長が楽しみだ。かっこいいパパの姿を見せた主砲の一打でチームは連敗を脱出。森監督も「(1点差で逆転負けした)昨日の逆をいけた」とご満悦だった。 試合結果

[ 2018年5月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月22日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム