ロッテ ついにバンデン攻略 8度目対戦で初めて土付けた

[ 2018年5月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ8―1ソフトバンク ( 2018年5月19日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>4回1死、井上は中越え本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 大技、小技でついに天敵・バンデンハークを攻略した。先発全員の14安打に、ロッテ・井口監督は「打線として今日はつながっていた」と頬を緩めた。

 1―0の4回1死から、6番・井上の一振りが大きな追加点をもたらした。カーブをすくい上げると、打球はバックスクリーンへ吸い込まれる。9戦ぶりの一発に「手応えはよかったです」と笑みがこぼれた。

 毎年、春先は好調だが、失速してきた。昨年も5月5日に2軍落ちした。この日の最高気温は25度と初夏の陽気となったが、今年のアジャは違う。「打てなくても不安になることがない。結果的に波が少ないのかな」と精神面でも成長。打順は6番に下がり「4番に戻りたい気持ちはある」と本音も漏れるが、得点圏打率・348と勝負強さが光る。

 2死二、三塁からは荻野が一塁方向へ技ありのバント安打。一塁手の悪送球も誘い、二塁走者も生還した。俊足のリードオフマンは、打席に入る前に守備位置を確認し「後ろ気味だったので、面白いかな」と自らの判断で決めた。指揮官も「塁に出たら走ろうと話していて、荻野の足を絡めて点が取れた」と満足そうに語った。

 バンデンハークと8度目の対戦で初めて土を付けた。20日には井口政権初の同一カード3連勝が懸かる。ソフトバンク相手に本拠地で同一カード3連勝となれば、12年5月以来、6年ぶりだ。20日はスポニチスペシャルデー。井上は「僕、家で愛読しています。1面飾れるように頑張ります!」と活躍を誓った。 (町田 利衣)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月20日のニュース