PR:

イチローの本音 大谷と対戦できず残念「したいよ、そりゃ」

ア・リーグ   マリナーズ2―8エンゼルス ( 2018年5月6日    シアトル )

試合前、ファンの前で背面キャッチするマリナーズのイチロー(AP)
Photo By AP

 マリナーズのイチロー会長特別補佐(44)は6日(日本時間7日)、エンゼルス戦での大谷翔平投手(23)の熱投に、打席に立てなかったことを残念がった。

 イチローは今カード直前の3日に選手登録を外れ、フロント入りが発表された。現役引退はせず練習は続けるが、今季中はプレーしないことが決まった。

 当初はこの日の対戦で、21歳も年の差がある2人の初対決の可能性が浮上していた。

 「対戦したいですよ。それはそうですよ。したいよ、そりゃ」と語気を強めたイチロー。

 ベンチ入りすることができず、裏のモニターで大谷の3勝目を見届け、「テレビで見ている印象だから、日本で見ている人と変わらない印象になってしまうね。直接やればね、こんなボールだったとか言えるんだけど、みなさんと同じですからね。目線が。なかなか生きたコメントになりづらいですね」と話した。

 一方、イチローが対戦できなかったことを残念がったと伝え聞いた大谷は「今回、もしかしたら対戦できるかもしれないと思っていたので。僕自身対戦する中で勉強になることはたくさんあると思いますし。過ぎたことなので正直何もないですけど、そう言ってもらえたことは凄くありがたいなと思います」と感謝の言葉を口にし、恐縮していた。

[ 2018年5月7日 10:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム