オリ金子 遠い白星…自己ワースト4連敗 福良監督は信頼

[ 2018年5月4日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス0―8西武 ( 2018年5月3日    京セラD )

<オ・西>6回、ピンチに高山コーチ(右端)とマウンド上で話す金子(左端)
Photo By スポニチ

 またも白星をつかめなかった。オリックス・金子は3日の西武戦(京セラ)で6回3失点で降板。5度目の登板を終えても未勝利で、初登板からの4連敗は自己ワーストとなった。

 「結局、自分が打たれてこういう結果になっている。自分のせい。十亀君の状態が良い中で、自分が我慢しないといけなかった」

 悔やんだのは0―1の6回。連打と四球で無死満塁を招くと、4回にソロを浴びた山川に今度は2点左前打。「(山川にはカウント)2―3になる前に決めたかった。内角に投げきれなかった」と唇を噛んだ。

 復調の気配は見せた。不振の要因の一つだった直球はキレを取り戻し、最速146キロを計測。2回は先頭の山川に四球を与えたが、森、栗山、外崎を3者連続空振り三振。決め球はすべて直球だった。奪った18アウトのうち11個が直球で、「前回より投げている感覚は良かった。次につなげないといけない」と手応えを口にした。

 前回登板の4月24日の日本ハム戦は今季最短となる3回2/3を4失点でKO。今回の内容次第では、出場選手登録を外れる可能性もあったが、福良監督は「金子は良かった。真っすぐもね。何かつかんでくれたら。次もいってくれたらね」とし、最終判断は持ち越した。エースの復活なしに、上位浮上は見込めない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年5月4日のニュース