ダル 5回途中6失点で降板、3発浴び3敗目 今季初勝利遠く

[ 2018年5月3日 04:54 ]

ナ・リーグ   カブス2―11ロッキーズ ( 2018年5月2日    シカゴ )

<カブス・ロッキーズ>力投するカブス先発のダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(31)が2日(日本時間3日)、シカゴでのロッキーズ戦で今季6度目の登板、5回途中6失点で降板し、初勝利を挙げられなかった。カブスは2―11で敗れダルビッシュは3敗目を喫した。

 今季ここまで5試合登板して未勝利のダルビッシュは、初回先頭打者に四球を与えると1死後、アレナドに中越え2ランを浴びる立ち上がり。2回も1死一、三塁から適時打を許し、3回も1死一、三塁から内野ゴロの間に加点された。

 4回は無失点に抑えたが、5回先頭のストーリーに左越えソロ、1死後アイアネッタに中越えソロを浴びて降板となった。結局4回1/3、24人に86球を投げ7安打8三振3四球で6失点(自責5)、3本塁打を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月3日のニュース