広島 野村祐輔は背中の筋挫傷

[ 2018年4月28日 13:59 ]

 広島の野村祐輔投手(28)は、27日に広島市内の病院で検査を受け「背中の筋挫傷」と診断された。26日DeNA戦(横浜)で背中の張りを訴えて4回で降板し、27日に出場選手登録を抹消されていた。

 全治は不明ながら、松原チーフトレーナーは「長期間かかる状態ではないと診断を受けたが、自分の投球をできるように時間をかけようということで抹消した」と説明した。

 今季は自身初の開幕投手を務めここまで2勝をあげたが、防御率5・59と安定感の欠く投球が続いていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月28日のニュース