履正社出身の慶大・若林が“神宮1号”「自然と反応できた」 推定110メートルの豪快弾

[ 2018年4月28日 08:55 ]

フレッシュリーグで神宮1号を放った慶大若林選手
Photo By スポニチ

 東京六大学野球春季リーグ戦のフレッシュリーグ戦(新人戦)が28日行われ、慶大のルーキー若林将平外野手(履正社)が“神宮1号”を放った。

 法大との対戦でマウンドには昨夏の甲子園準V左腕・平元銀次郎(広陵)がいた。4回、無死一塁の場面で4番に座った若林はカウント3―1から平元のスライダーを左翼席へ運んだ。推定110メートルの豪快弾。将来、慶大の4番候補は大久保秀昭監督の目の前でアピールした。

 センバツ準Vの4番と夏の準V左腕との対決。1打席目は三振に打ち取られていただけに、2打席目でしっかりお返しを果たした。

 ▼慶大・若林 自然と反応できました。体重が前に行きすぎていたので、練習で後ろに残す感じでやってきました。早く上(リーグ戦)に出たいです。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月28日のニュース