ヤンキースからも大谷称える声続々 セベリーノ「もう内角には投げられない。脱帽だ」

[ 2018年4月28日 16:29 ]

ア・リーグ   エンゼルス3―4ヤンキース ( 2018年4月28日    アナハイム )

<エンゼルス・ヤンキース>2回1死、右越えソロを放つ大谷
Photo By スポニチ

 ヤンキースは連勝を伸ばしたが、大谷の先制ソロのため試合中盤までリードされる展開だった。開幕投手を務めた本格派エースのセベリーノは内角への97マイル(約156キロ)を完璧に捉えられ「とてもいい打者。もう内角には投げられない。脱帽だ」と素直に相手の能力を認めた。

 ブーン監督は「内角隅の球をフェアゾーンに打ち返した。素晴らしいスイングだった」と敬服した様子。頭上を越える打球を右翼で見上げたジャッジは「コンパクトで鋭い振りをしている。これからも見るのが楽しみだ」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月28日のニュース