【ファーム情報】巨人マルティネスが決勝の3号ソロ 楽天は西巻のスクイズで勝ち越す

[ 2018年4月24日 21:15 ]

 プロ野球のファームは24日、ウエスタン・リーグの広島―オリックス戦(由宇)が降雨中止。両リーグで計4試合が行われた。

 ナイターの西武―DeNA(メットライフ)は西武が6―3。山田が2回に1号ソロ。一方で水口が4打数4三振を喫するなど打線全体で15三振だった。先発・本田は5回5安打3失点で2勝目。DeNA先発・飯塚は2回2/3を5安打5失点(自責4)で1敗目。ソトが1号ソロ、山下が2号ソロを放った。

 楽天は日本ハム戦(鎌ケ谷)に延長10回、2―1で勝利。延長10回に1死から西巻のスクイズで勝ち越した。先発・古川は7回2安打1失点で9奪三振。岩見が3号ソロなど2安打を放った。日本ハムは2回に平沼が先制1号ソロを放つも、打線は3安打で13三振。3番手・田中豊が2回2安打1失点で1敗目。

 巨人はヤクルト戦(戸田)に延長11回、7―6で勝利。延長11回にマルティネスが決勝の3号ソロを放った。5回に村上が1号ソロ、若林が1号2ラン。6番手のアダメスが2回1安打1失点(自責0)で1勝目(6セーブ)。ヤクルトは谷内が3安打2打点で、大松が1安打3打点。1回1安打1失点の6番手・山本が3敗目(1勝1セーブ)を喫した。

 中日―阪神戦(ナゴヤ)は5回降雨コールドで広島が1―0で勝利。先発・望月は5回2安打無失点の完封で1勝目。初回に北條が決勝の右前打を放った。中日先発のR・マルティネスは5回3安打1失点で1敗目。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月24日のニュース