巨人・小林、打率ランクトップに “隠れ首位打者”が規定打席到達

[ 2018年4月24日 20:25 ]

セ・リーグ   巨人3―1中日 ( 2018年4月24日    長野 )

2回2死一塁、左前安打を放ち出塁する巨人・小林
Photo By スポニチ

 巨人・小林が24日の中日戦でプロ入り後初めて7番で先発し、4打席に立ち、規定打席に到達。打率・375で、ランキングトップに躍り出た。

 小林は開幕から好調をキープし、この日は1つ打順を上げた「7番・捕手」で先発出場。第1、第4打席に安打を放って打率を・375とした。

 ドラフト3位ルーキーの大城にマスクを譲った試合もあり、開幕から21試合目での規定打席到達。この日の試合前までトップだった中日・アルモンテに代わり、“隠れ首位打者”が打率ランクトップに浮上した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年4月24日のニュース