誠也 衣笠氏にフル出場の誓い 掛けられた言葉「野球人生で一生、消えることはない」

[ 2018年4月24日 17:57 ]

 広島・鈴木誠也外野手(24)が上行結腸がんのため23日に死去した衣笠祥雄氏(享年71)にフル出場の誓いを立てた。

 鈴木は訃報を受け「おととしくらいに、レギュラーで出る以上は、とにかく休むな。チームのため、ファンのためにしっかり(試合に)出ないと、という言葉を頂いた」と振り返った。世界の鉄人からの激励に「その言葉は野球人生で一生、消えることはない」と表情を引き締めた。

 今月4日に下半身の張りのために出場選手登録を抹消されただけに「すごく悔しい思いだった」と言う。この日は今月18日に再登録されて以来、初めて「5番右翼」でスタメン出場。「偉大な先輩に少しでも近づけるようになりたい」と決意を胸に試合に臨んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月24日のニュース