DeNA・梶谷 今季初の1軍昇格 「7番・右翼」でスタメン

[ 2018年4月24日 17:44 ]

 背中に痛みを訴えて開幕2軍スタートだったDeNA・梶谷が24日、今季初めて1軍に昇格した。この日の広島戦(横浜)で「7番・右翼」でスタメン起用したラミレス監督は「状態が良いという報告は受けていたので、1軍に昇格させた」と説明した。

 2月のキャンプは右肩痛の影響で2軍スタート。オープン戦終盤に1軍に合流したが、今度は背中に違和感を発症した。開幕は2軍で迎えたが、イースタン・リーグでは3試合で7打数5安打4打点と結果を残して1軍昇格を勝ち取った。ドラフト2位・神里が開幕からスタメンに定着しており、桑原も含めて外野手の定位置争いが激化している。梶谷は「良い感じにはなってきている。結果を出すしかない」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月24日のニュース