長嶋茂雄氏 衣笠さんを偲ぶ「優しい心を持っているいい男、ナイスガイでした」

[ 2018年4月24日 16:34 ]

連続試合出場世界記録を達成しギネスブックジャパン代表の長嶋茂雄氏(右)に祝福される衣笠氏
Photo By スポニチ

 プロ野球の広島で活躍し、2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄氏が23日、上行結腸がんのため71歳で死去した。巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(82)は球団を通じてコメントを発表し、「ナイスガイでした」と、数々の名勝負を繰り広げてきたライバルを悼んだ。

 長嶋終身名誉監督のコメントは以下の通り。

  「鉄人」と呼ばれた通り体の強い選手で、私が監督1年目の1975年には山本浩二さんとカープを引っ張り、初優勝を見事成し遂げられたことが印象深いです。心優しい人でもあり、巨人戦で死球を受けた時には、カープのベンチを自らなだめながら笑顔で一塁へ向かう姿が忘れられません。芯が強く、優しい心を持っているいい男、ナイスガイでした。 衣笠さんがテレビ解説された今月19日の野球中継を見ていましたが、声にいつもの元気がなく、心配していました。ご冥福をお祈りします。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月24日のニュース