清宮、2戦連発ならず イースタン楽天戦「3番・一塁」で先発、4打数無安打

[ 2018年4月24日 16:04 ]

<イースタン 日・楽>試合前のダッシュで笑顔を見せる清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が24日、イースタン・リーグ楽天戦(鎌ケ谷)に「3番・一塁」で先発出場する。20日の同ロッテ戦で「プロ初アーチ」を含む2発をマーク。22日にも本塁打を放っており、2戦連発の期待が懸かったが、不発だった。

 清宮は初回2死の第1打席、2ボール1ストライクからの4球目、148キロ直球を打って一ゴロ。第2打席は1―0の4回無死から二ゴロだった。第3打席は1―1の7回無死、112キロのカーブに見逃し三振を喫した。一打勝ち越しの場面で迎えた8回2死一、二塁の第4打席だったが、楽天2番手・浜矢の低めの球に手を出し二ゴロに終わった。

 清宮は2試合ぶりに無安打に終わり、日本ハムは2分けを挟んで10連敗となった。

 この日のフリー打撃では45スイングで7本の柵越えを披露。しかしマシン相手に2本のバットを折り、苦笑いを浮かべる場面も。最後の4スイングは平沼のものを借りて行った。

 試合は延長10回に楽天がスクイズで勝ち越し。2―1で勝利した。

 両チームの先発メンバーは以下の通り。

 ▼日本ハム

(1)左翼 難波

(2)中堅 岡

(3)一塁 清宮

(4)右翼 森山

(5)DH 矢野

(6)遊撃 平沼

(7)三塁 高浜

(8)捕手 石川亮

(9)二塁 難波

先発投手 吉田

 ▼楽天

(1)中堅 聖沢

(2)右翼 田中

(3)DH 枡田

(4)三塁 内田

(5)一塁 山田

(6)左翼 岩見

(7)捕手 堀内

(8)二塁 西巻

(9)遊撃 松本

先発投手 古川

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月24日のニュース